はじめてのお客様に。

ペットを飼い始める際に最も重要となるのが

・ウイルス性疾患や狂犬病などのワクチン
・ノミ、ダニ、フィラリアなどの予防
・去勢、不妊手術

といった『予防医療』です。

これらは飼い主様に必ず施してもらわなければいけない処置なのですが、
当院の方針といたしまして、
これらの処置を他院よりも低価格でご提供することでしっかりと充実させてもらい、
飼い主様の負担とペットの病気のリスクを抑えて頂きたいと思っております。

(男の子)一歳未満の早期去勢で

精巣腫瘍、前立腺肥大、会陰ヘルニア、肛門周囲腺腫 などの病気を防げます。

(女の子)一歳未満の早期不妊で

乳腺腫瘍、子宮腫瘍、卵巣腫瘍、子宮蓄膿症 などの病気を防げます。

徹底した『予防医療』が結果的にペットの延命につながり、
かつ将来的な医療費を軽減させることで飼い主様の負担の軽減にもなります。

また近年、若い獣医師の増加と高度な医療機器の発達により、動物病院の数は増加の傾向にあります。
ですが、それに伴ってペットたちの医療事故が増えているのも事実です。

当院では、医師の「自分の技術だけで止血出来るようにならない限り、電気メスに頼ってはいけない」という主義のもと、
これまでに手術中の事故、失敗は一度も起こしておりません。

この土地に開院させて頂いてから二十余年、
これからも皆様の大切なペットたちの為に最善の医療を提供して参ります。